人気ブログランキング |
Top
カテゴリ:季節のイベント( 3 )
Top▲ |
マーマレード・フェスティバル
マーマレードは好きですか?

私はカリッと焼いたトーストにマーマレードを塗って
紅茶と一緒に頂くのが大好きです。
ほんのりとした苦みと甘さがちょっぴり大人なお味です。

そんなマーマレードはイギリスの朝食には欠かせない存在、、、
のはずなのですが、残念ながら人気は大分落ちてきているようです。
(お店に行けば本当に色々なジャムが売ってますからね)

今一度マーマレードにスポットライトを~、という事なのでしょうか(?)
こんな大会もあるんです。
The World’s Original Marmalade Awards

一体どんなイベントなんだろうと思って去年行ってきました。

寒~い中、ロンドンから車で数時間かけて辿り着いた会場はこちら。
d0205298_16531556.jpg

d0205298_17233471.jpg

一瞬、会場間違えた?!?と焦ったのですが
入り口にはちゃんと看板が。
d0205298_16523768.jpg


季節がら曇っていることもあって、全体的に地味なイマージでした。
でも試食コーナーがあったり
d0205298_16541367.jpg


審査対象のジャムがずら~りと並んでいたり。
d0205298_1656826.jpg

古いお屋敷が会場だったので雰囲気も素敵でした。
d0205298_1712994.jpg


柑橘類で作るジャムは全てマーマレードと呼ぶそうで
試食コーナーには本当に色々なマーマレードがありました。
ラベンダー味は想定内。
でもチョコ味!?チリ味!?!には、さすがに引いてしまった、、、(汗)。

正統派はスペインのセビルオレンジで作るそうです。
そのまま食べると単に苦いオレンジが美味しいジャムに大変身するんですよ。
d0205298_1765746.jpg


会場ではおばあちゃん達が中心になって大量のマーマレードを作っていました。
何だかとてもいい雰囲気でしたよ。
d0205298_17165947.jpg

そんなおばあちゃんた達に教えてもらったレシピで手作りマーマレードを私も作ってみました。
なかなか美味しかったです♪

12月から2月がセビルオレンジの季節。今年も作ってみようかな。

そういえば、会場ではくまのパディングトンが出迎えてくれました。
イギリス人作家のマイケル・ボンド(Michael Bond)が
生み出したキャラクターで
ペルーからはるばるイギリスにやって来た
マーマレードが大好きなくまさんです♪→
Top▲ | by macro-house | 2012-02-04 17:17 | 季節のイベント
ハロウィーン
10月31日はイギリスに来て初めてのハロウィーンでした。

かわいい紙製のカップケーキスタンドと飾りがあったのでこんなのを作ってみました♪

d0205298_10524189.jpg


暗くなったとたん子ども達は大張り切りで「お菓子をもらいにいくぞ~!」
と外へいったものの、近所は案外静かでちょっと拍子抜け。

しかも要領もわからないので帰りかけていたら、見知らぬ家族が
「どこどこの家でお菓子配ってるよ!」
「飾りがない家でも、ピンポンを押したらお菓子をもらえるよ!」
って親切にも教えてくれました♪

結局知り合いのご近所さんと合流したりで30分以上ぐるぐるして結構疲れた、、、。

でも子ども達も沢山お菓子をもらって大満足&大興奮でした。

気合いを入れて飾りつけをしている家が少なかったのが意外だったけれど
うちの近所はユダヤ人が多くて、ハロウィーンのお祝いをする習慣がないからだそうです。

いずれにせよ楽しいハロウィーンでした♪

d0205298_10445475.jpg

Top▲ | by macro-house | 2011-11-11 11:29 | 季節のイベント
まちにまった春~♪
“Have a happy Easter!”
(楽しいイースターを迎えてね!)

2週間ほどあるイースターホリデー
その直前の学校での最終日
子ども達をお迎えに来たママやパパ達は
嬉しそうにそう言いあってお別れをしていました。

ここ数日やっと春らしくなったせいか
それとも休日がまちどうしいからか
みんなものすごくうきうきしています。

イギリスでの初めてのイースターを目前にして
いまいちイースターが何だかピンと来ていない私も
周りの雰囲気に影響されてわくわくしてきました♪

(イースターは日本語で「復活祭」。実はキリスト教の行事なのだそうですが、春の訪れをお祝いするお祭りとしても親しまれているようです。詳しくはこちらをどうぞ→
http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/visiting-the-uk/about-uk/customs-traditions/traditional-holidays)

d0205298_17594886.jpg


d0205298_1747333.jpg



そう言えばお店には随分前から
うさぎや卵の形をしたイースター用のチョコレートや
色とりどりの飾りが並べてあり
イースター気分を盛り上げてくれています。

因みに、卵は生命や誕生の象徴でもあり
春に輝く太陽の象徴でもあるそうです。
そしてそれらの卵を運んでくるとされているのが
多産の象徴でもあるうさぎ。
だから、卵とうさぎはイースターには欠かせないのですね。

d0205298_1863237.jpg


「イースターは子ども達も大好きなイベントよ。
イースターエッグを工作気分で作ったりもするし
イースターエッグハンティングといって
大人がお庭に隠したおもちゃのひよこやチョコレートやキャンディーを探した後は
お菓子が沢山食べられるからみんな大喜びなの。」
と、お友達のイギリス人ママが言っていました。

d0205298_1893345.jpg


長くて暗い冬がようやく終わって今は春!
家のお庭や公園には色とりどりのお花が咲いています。

d0205298_1813439.jpg


冬の間はほぼ黒一色でズボンにブーツが定番だったみんなのファッションも
スカートやノースリーブに合わせて足元も軽くなってすっかり春色です。

最高気温が20度以下なのに、サマードレスやキャミソールを着ている人を見ると
未だに「寒くないの~?」と内心思ってはいるけれど
冬のイギリスを経験して春を迎えた今
その感覚が少しは分かってきた気がします。

d0205298_1818277.jpg


お休み前の最後の日、先生が手作りのかわいらしいイースターバスケット
ひとりひとりに渡して下さいました。

d0205298_1822374.jpg


春がギュッとつまっているバスケットを見ていたら
きっと楽しい春休みになる、そんな気がしてきました♪
Top▲ | by macro-house | 2011-04-13 18:25 | 季節のイベント
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin