Top
マーマレード・フェスティバル
マーマレードは好きですか?

私はカリッと焼いたトーストにマーマレードを塗って
紅茶と一緒に頂くのが大好きです。
ほんのりとした苦みと甘さがちょっぴり大人なお味です。

そんなマーマレードはイギリスの朝食には欠かせない存在、、、
のはずなのですが、残念ながら人気は大分落ちてきているようです。
(お店に行けば本当に色々なジャムが売ってますからね)

今一度マーマレードにスポットライトを~、という事なのでしょうか(?)
こんな大会もあるんです。
The World’s Original Marmalade Awards

一体どんなイベントなんだろうと思って去年行ってきました。

寒~い中、ロンドンから車で数時間かけて辿り着いた会場はこちら。
d0205298_16531556.jpg

d0205298_17233471.jpg

一瞬、会場間違えた?!?と焦ったのですが
入り口にはちゃんと看板が。
d0205298_16523768.jpg


季節がら曇っていることもあって、全体的に地味なイマージでした。
でも試食コーナーがあったり
d0205298_16541367.jpg


審査対象のジャムがずら~りと並んでいたり。
d0205298_1656826.jpg

古いお屋敷が会場だったので雰囲気も素敵でした。
d0205298_1712994.jpg


柑橘類で作るジャムは全てマーマレードと呼ぶそうで
試食コーナーには本当に色々なマーマレードがありました。
ラベンダー味は想定内。
でもチョコ味!?チリ味!?!には、さすがに引いてしまった、、、(汗)。

正統派はスペインのセビルオレンジで作るそうです。
そのまま食べると単に苦いオレンジが美味しいジャムに大変身するんですよ。
d0205298_1765746.jpg


会場ではおばあちゃん達が中心になって大量のマーマレードを作っていました。
何だかとてもいい雰囲気でしたよ。
d0205298_17165947.jpg

そんなおばあちゃんた達に教えてもらったレシピで手作りマーマレードを私も作ってみました。
なかなか美味しかったです♪

12月から2月がセビルオレンジの季節。今年も作ってみようかな。

そういえば、会場ではくまのパディングトンが出迎えてくれました。
イギリス人作家のマイケル・ボンド(Michael Bond)が
生み出したキャラクターで
ペルーからはるばるイギリスにやって来た
マーマレードが大好きなくまさんです♪→
[PR]
Top▲ | by macro-house | 2012-02-04 17:17 | 季節のイベント
<< 1月のレシピ会 | ページトップ | テートモダン(Tate Mod... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin