Top
まちにまった春~♪
“Have a happy Easter!”
(楽しいイースターを迎えてね!)

2週間ほどあるイースターホリデー
その直前の学校での最終日
子ども達をお迎えに来たママやパパ達は
嬉しそうにそう言いあってお別れをしていました。

ここ数日やっと春らしくなったせいか
それとも休日がまちどうしいからか
みんなものすごくうきうきしています。

イギリスでの初めてのイースターを目前にして
いまいちイースターが何だかピンと来ていない私も
周りの雰囲気に影響されてわくわくしてきました♪

(イースターは日本語で「復活祭」。実はキリスト教の行事なのだそうですが、春の訪れをお祝いするお祭りとしても親しまれているようです。詳しくはこちらをどうぞ→
http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/visiting-the-uk/about-uk/customs-traditions/traditional-holidays)

d0205298_17594886.jpg


d0205298_1747333.jpg



そう言えばお店には随分前から
うさぎや卵の形をしたイースター用のチョコレートや
色とりどりの飾りが並べてあり
イースター気分を盛り上げてくれています。

因みに、卵は生命や誕生の象徴でもあり
春に輝く太陽の象徴でもあるそうです。
そしてそれらの卵を運んでくるとされているのが
多産の象徴でもあるうさぎ。
だから、卵とうさぎはイースターには欠かせないのですね。

d0205298_1863237.jpg


「イースターは子ども達も大好きなイベントよ。
イースターエッグを工作気分で作ったりもするし
イースターエッグハンティングといって
大人がお庭に隠したおもちゃのひよこやチョコレートやキャンディーを探した後は
お菓子が沢山食べられるからみんな大喜びなの。」
と、お友達のイギリス人ママが言っていました。

d0205298_1893345.jpg


長くて暗い冬がようやく終わって今は春!
家のお庭や公園には色とりどりのお花が咲いています。

d0205298_1813439.jpg


冬の間はほぼ黒一色でズボンにブーツが定番だったみんなのファッションも
スカートやノースリーブに合わせて足元も軽くなってすっかり春色です。

最高気温が20度以下なのに、サマードレスやキャミソールを着ている人を見ると
未だに「寒くないの~?」と内心思ってはいるけれど
冬のイギリスを経験して春を迎えた今
その感覚が少しは分かってきた気がします。

d0205298_1818277.jpg


お休み前の最後の日、先生が手作りのかわいらしいイースターバスケット
ひとりひとりに渡して下さいました。

d0205298_1822374.jpg


春がギュッとつまっているバスケットを見ていたら
きっと楽しい春休みになる、そんな気がしてきました♪
[PR]
Top▲ | by macro-house | 2011-04-13 18:25 | 季節のイベント
<< ”美味しい”つながり | ページトップ | 折りヅルに込めた想い >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin