Top
寒くないの~!?
今日も空がどんよりして寒~い一日でした。

この間ちょっと立ち話をした
在英うん十年のある日本人の方によると
それでも年明けからの寒さは例年に比べて
かなり穏やかだとか。

でも私にはかなり寒いです、、、。
日本にいたときにはスキー場ぐらいでしか
出番がなかったニット帽を思わず普段から
使いたくなるくらい!

因みに、ロンドンではみなさん帽子を
よくかぶってますよ~。

ベレー型のニット帽の人
毛糸素材で小人風にとんがったニット帽の人
紳士風のハットの人
ユダヤ人の方で独特の(?)黒い帽子の人
などなど。

そうこちらではファッシンでもなんでも
本当に様々


肌の色もそれぞれだし
宗教上の規律を踏まえた服装をしている人も
普通に街をあるいているし、、、。

それを踏まえて日本に目を移すと
同じシーズンに同じよ~な恰好している人が
日本にはやっぱり多いかもしれません


日本の人はファッションに敏感というか
人の目を気にしすぎるのか、、、??
なんて考えてしまいもします。

でもこちらは多様です。
あまりにも色々だから人の恰好もどーでもよくなってきます。
結構奇抜でも「そういう趣味なんだ~」みたいに
ながしがちです。

でも今日思わず「う~ん」と思ったファッションが。。。

こちら↓↓↓

d0205298_1083450.jpg


はっきりいってこの服装は私の趣味ではありません。
でもここはロンドン。
そんなことはど~でもいいんです。
人がどんな格好をしていようが
他の人に迷惑をかけていなければ
ど~でもいいんです。

でも問題は足元~!!!
d0205298_1032141.jpg


ビーサンですよビーサン!?!
こんな寒いのに!!!

しかも、彼女がこの寒さをものともせず
サンドレスでも着ているのなら
「彼女は寒くないんだ。むしろ暑いんだ。」
と多少強引ながら自分を納得させることができたかも知れません。

でも、彼女はしっかりニット帽をかぶり
タートルネックを着ているじゃないですか!!

でも、、、
足元はビーサン

寒くないの~!?!
寒い寒いとブルブル震えていた私にとっては
余りにもショッキングな出来事でした。


彼女の服装をどう理解するかはさておいて
どうやら人種によって体感温度は確実に
異なる気がします。

ある英国人のご主人を持つ日本人の女性も
同じような感想を持っていました。

因みに
そんな内容の立ち話を彼女と寒い中していた時

彼女のいわゆるハーフの4歳の子どもは
キャッキャと踊りながら
「暑~い」といって洋服をコートから一枚一枚
脱いでいました。

「そうなのよね~。白人って日本人より寒さを感じ
にくいみたいで、うちの子も暑がりなのよ~。」
なんて言いながら黙って見ていた彼女も
さすがにパンツを脱いでスッポンポンになる寸前に
子どもを止めていましたけど、、、。

日本と外国のファッション感
日本人と外国人の体感温度。

う~ん
今日も色々考えちゃいました。
[PR]
Top▲ | by macro-house | 2011-02-07 10:33 | 素朴な疑問、その他
<< le Pain Quotidi... | ページトップ | Farmers' Ma... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin